1. TOP
  2. ファクタリングの種類
  3. 2社間ファクタリングって何?3社間ファクタリングと何が違う?

2社間ファクタリングって何?3社間ファクタリングと何が違う?

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、本来は3社間ファクタリングの方法で行われています。

3社間ファクタリングは

  • ファクタリングを利用する会社
  • ファクタリング会社
  • 売掛先(取引先やクライアント)

の3つの間で行われ、

この売掛先に対して、「債権を譲渡するので同意書にサインをお願いします」と許可をもらいます。

しかし、取引先としては債権者がファクタリング会社に代わるわけですから、

「債権者がなぜ変更になったの?」

「この会社資金繰りが厳しいのでは?」

「このまま取引して大丈夫だろうか?」

など売掛先に不安を与えてしまうことがあります。

当然、売掛先によっては仕事の打ち切りや発注数を減らすなど今後の仕事に大きな影響を与える可能性もあります。

日本ではなじみのない行為であり、債権者が変わるというのはイメージとしてはよくありません。

ファクタリングそのものは海外では一般的な資金調達法ではあるのでよくあることなのですが、日本の場合、ファクタリングはそこまで認知度が低いことや「手形割引」と非常に似てるため、ファクタリングに対してマイナスイメージを持ってる企業もあることも理由の一つと言えます。

特に建築業や製造業など業界によってはファクタリングに対してあまり良いイメージを持っていない会社もあり、ファクタリングを利用することによって仕事をもらえなくなってしまったり、提携を切られたりする恐れがあるためにファクタリングを利用することを取引先に知られたくないという会社も少なくありません。

このため取引先に知られない2社間ファクタリングというファクタリングの方法がしばしば利用されています。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは売掛先に知らせずファクタリング納入企業とファクタリング会社のみでファクタリングを行う方法です。

売掛先はそれまで変わりなく請求書の期日通りに納入企業へ売掛金を支払い、その入金後、納入企業からファクタリング会社に支払いをします。

売掛先は通常の支払いで支払先も同じであるためファクタリングについてはまったくわからないので、取引に影響することはありません。

2社間ファクタリングのデメリット

ここまで書くと売掛先にファクタリングの利用を知らせず、すぐに資金繰りを改善できる2社間ファクタリングは誰もが利用したいところですが、問題は2社間ファクタリングの手数料です。

3社間ファクタリングが1.5~8%程度のファクタリング手数料なのに対して、10%から30%とかなり高めの手数料になります。

なぜこんなに手数料が変わるかというとこれは回収リスクが2社間と3社間では大きく変わるからです。

3社間ファクタリングでは売掛先の経営状況がしっかりしていれば納入企業に借り入れがあっても特に問題ありませんでした。

しかし2社間ファクタリングの契約書では、納入企業は代金回収の業務委託をするような契約となっているため、売掛先からの入金はそのままファクタリング会社へ入金しなければならないのですが、一旦は納入企業に入金がされることになります。

このため納入企業が一旦売掛先から入ったお金を預かる形になりますが、この際納入企業の悪意によって支払うべきお金を使いこんでしまったり、別の会社の支払いに回してしまうリスクが発生します。

※法的にはこの納入企業が一旦売掛先から入ったお金はファクタリング会社のものなので「横領」になります。

ですのでこれらのリスクから必然的に手数料が高くなってしまいます。

ちなみにたまに2社間ファクタリングで10%以下の表記をしてるファクタリング会社もありますが、実質的に難しく、別の名目で手数料が高くなってしまうことが多いのでご注意下さい。

ホームページ上はいくらでも安く表記できますが安さのみを見て申し込みすると実際に支払う手数料とは大きくかけ離れてしまうこともあります。

また個人事業主は2社間ファクタリングはできないのでご注意ください。

しかし介護報酬ファクタリングはじめ診療報酬ファクタリングはこれらの心配は必要ありません。

介護報酬ファクタリングは3社間のみ?

介護報酬ファクタリングはじめ診療報酬ファクタリングは原則3社間取引のみです。

というのも2社間にするメリットがそこまでないからです。

この2社間ファクタリングにするメリットというのは取引先にファクタリングを行うことを知られ、取引先との関係が悪化したりすることを防ぐことです。

しかし診療報酬ファクタリングは売掛先が社保や国保連といった公的機関であるため、ファクタリングを利用したからといって国からなんらかの契約が打ち切られたり、診療報酬がもらえないなどのペナルティがないのです。

国としてはファクタリングを使用としてまいとそこまで関与しませんしので2社間ファクタリングにする意味がないのです。

ファクタリング会社によっては2社間をやってないところも

また、2社間ファクタリングは手数料が高く、さらなる資金繰りの悪化を招く恐れがあるので利用する際には慎重に行うべきです。
大手のファクタリング会社などでは2社間をあえて行ってないところも多いのです。

ファクタリング会社によっては手数料の高い2社間を勧める場合もありますが、必要ないのであればのちのち資金繰りが悪化する可能性もあるのでじっくり検討すべきです。

\ SNSでシェアしよう! /

介護報酬ファクタリングの手数料はどこがお得か一目瞭然の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

介護報酬ファクタリングの手数料はどこがお得か一目瞭然の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!